これだけは想定しよう

>

憧れの東京一人暮らし

東京の家賃と家賃の目安

家賃の目安としては、いつくかの数値がでています。
一人暮らしをしている20代の社会人の平均的な家賃は6万円半ばだそうです。
地域別にみていくと、首都圏においては約7万円、関西地区は5万円強、東海地区では5万円半ばとなっているので、地価の違いにもよりますが、やはり東京は他の地域に比べて割高という傾向です。

家賃を決める目安として、自分の収入の3分の1以内でということがよく言われていますが、やはり目安としては参考になると思います。
部屋を探す際には、まず収入とのバランスを考えたうえで家賃の目安を決めておくことが重要です。
東京とはいっても家賃の高い地域もあれば安い地域もあります。
やはり家賃など地域的な傾向を把握しておくのも、部屋探しには必要ではないでしょうか。

最大のミッション

東京での一人暮らしをするポイントとして、やはり地価の高さに比例して家賃の高さがあります。
地方から出てくるのであれば、部屋はどうしても狭くなる可能性も高くなります。

また、収入に対して家賃が占める割合が多いということは、部屋選びの目安として家賃をどこまで抑えるかが重要になってきます。
家賃は月々支払う必要のある固定支出であり、その他の生活費をどのように使えるかにも影響ありますので、価格帯や広さ、環境など部屋選びの情報収集は不可欠です。

部屋選ぶは最も楽しい部分であり、また難しい部分でもあります。
少々狭くても利便性重視で駅から近い部屋を選ぶか、または周囲の環境や部屋の快適性を重視するか、新しい生活のスタートに部屋選びは最も重要なミッションです。


この記事をシェアする