東京の賃貸で一人暮らしする時にかかる費用

これだけは想定しよう

憧れの東京一人暮らし

いい部屋ならいくらでもありますが、自分の収入に見合った家賃の部屋を探す必要があります。 一人暮らしを始めるにあたって気になるのは、やはり家賃をどのくらいにすればいいのかということです。 家賃に圧迫されない無理のない生活をするためにはどのくらいがいいのでしょうか。

家賃はどのくらい?

学校や会社が自宅から遠方にあればどうしても一人暮らしを選択せざるを得ない、あえて親元を離れて生活してみたい、またどうしても一人暮らしをしなければならないなど、一人暮らしをする理由はいろいろです。
誰もが一人暮らしに憧れると思います。
実家での生活はなにかと出費をおさえることもできますし、生活全般においてサポートしてもらえるという安心感があります。
実家においてはやはり精神的にも金銭的にも楽ができるのです。
しかし、自分一人で生活をするということは、精神的にも成長し何事にも代えがたい自由な時間を過ごすこともできます。
ある意味では、大人へ向けての大きな一歩です。
自分で稼いだ収入(またはサポートしてもらう場合でも)でやりくりしながらの生活は、否応なく経済観念と金銭感覚を意識せずにはいられません。

では、東京で一人暮らしをする場合には、どのくらいの資金が必要になるのでしょうか。
これからの東京での生活をシミュレーションする目安が必要です。
収入に対して毎月の出費はどのくらいが可能なのかとか、収入に対して家賃が占める割合はどのくらいがいいのかとか、逆にこの収入ではどのくらいの家賃または部屋に住むことができるのかなど、疑問を挙げだしたら意外にたくさん出てくるはずです。
しかし、それは引越し後の毎月の生活費についてです。
まず、気をつけなければいけないのは、一人暮らしを始める前(準備する)にもお金はかかるということです。

部屋を借りるということ

一人暮らしにおいて最も気になることはなんでしょうか。 もちろん住居(部屋)だと思いますが、部屋を借りるには月々の家賃以外にもいくつか必要になるので、必要な費用として想定しておく必要があります。 部屋探しで不動産屋さんに行けばすぐにわかると思います。

なにかと始めはお金がかかる

一人暮らしを始めるにあたって毎月の生活費の計算はとても重要です。 生活を維持できなければ家計も破たんしてしまいます。 今後の生活をシミュレーションする上でとても大事ですが、実は一人暮らしをする準備にも費用がかかるのです。 どのような費用でしょうか。